ビーズクッションのメリットは?

家や自分の部屋でゆっくりとくつろぎ一日の疲れを癒したいと、誰しもが思うことでしょう。
しかし家のソファやベッドでは今一つ自分の体に合わない・・・そんな方におすすめなのがビーズクッションです。一時、「人をダメにするクッション」として話題になったビーズクッションですが今もなお多種多様な製品が作られ人々を魅了し続けています。今回はそんなビーズクッションを買うことのメリットを三つにわけて紹介していきたいと思います。購入を考えている方の一助になれば幸いです。

ビーズクッションのメリット

圧倒的快適感ヒトの体にフィットするカタチ

人間の「休息すること」への欲求は深く、座るためやくつろぐための道具はいかに快適に過ごせるかあらゆる角度から研究されました。座椅子やソファ、座布団やクッションなど例を挙げればキリがないくらいに様々な形で人の休息を担ってきました。その中でもビーズクッションの快適感は頭一つ抜けていると言っていいでしょう。ソファーなどのように最初から形が定まっているわけではなく、クッションの中のビーズが座る人に合わせて流動するので体にフィットするような形に変化します。故に誰が座っても快適に過ごすことができ、体に合うかどうかを心配する必要はありません。

好みによって変えられるビーズの大きさ

ビーズの大きさは製品によって違いがあります。直径2~3㎜のビーズは流通数が多く比較的安価です。軽くて通気性が特徴ですが粒が大きいため使い続けていると潰れて弾力性が弱まってしまう欠点があります。直径1㎜のビーズは価格は高いですが一つ一つのビーズが小さくより体にフィットします。更に体重も分散されビーズにかかる負担が少なく長持ちします。
ビーズの詰め替えが可能な製品もあり、中身がへたってきたら新たにビーズを購入し入れ替えることができ長い間使い続けることができます。

空間にもフィットするサイズ感

ソファーなどの家具はそれなりのスペースを必要とします。しかしビーズクッションのサイズは多岐にわたり、部屋のスペースに合わせて選ぶことができます。座布団程度の大きさから人ひとりが両手両足を放り出しても包み込んでくれるような大きさのものまであり人々のニーズに応えてくれます。
ですが大抵の場合は一人用の大きさであることが殆どなので一人暮らしの方にオススメです。ビーズクッション人気の発端となった「Yogibo」から発売されている「Yogibo Pod」は幅が91㎝と大きく、ゆったりとくつろぐことができます。カラーバリエーションも16種類あるので部屋のインテリアとしても優秀です。

ビーズクッションのメリットを活かすには?

ビーズクッションの特性上ソファーのように多人数が使うことはできません。しかし、これから大学生活や就職などで一人暮らしを始め部屋もあまり広くない人にはうってつけの家具です。またくつろぎたいけどベッドだと寝ちゃうし、かといってソファを置く余裕もない・・・なんて人にもオススメの一品です。そんなビーズクッションのメリットをフルに活かすには事前調査が欠かせないでしょう。ビーズを詰め替えることができなかったり、洗濯できない製品も存在します。買った後に後悔をしないためにもネットや口コミなどであらかじめビーズクッションについて調べて、自分の環境に最適な製品を選ぶようにしましょう。

ビーズクッションのメリットはたくさん

これまでビーズクッションのメリットについて紹介してきました。まとめると
・他の製品に比べ圧倒的に快適度が高い
・ビーズを詰め替えて長く使える
・部屋の広さに応じて大きさを選べる
の三つが大きなメリットです。ネット上でも話題となったこのビーズクッションですがこうしたメリットが
人気の秘訣なのでしょう。購入を検討している方はこれらのメリットを把握した上で、事前調査をし自分に最適な製品を見つけてください。これを読んだあなたが快適なくつろぎライフを送れるよう、祈っております。
ご精読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です