ヨギボービーズクッションでおすすめの商品をご紹介!

自宅では疲れた体を休めたい、ゆっくりくつろいでいたいと思いませんか。そこでおすすめしたいのが、どんな体勢でも体にフィットする感覚がたまらないビーズクッションです。アメリカ発のヨギボーはビーズクッション専門店ならではともいえる様々なサイズ、カラーバリエーションをそろえており、選ぶ楽しみも多い反面どれが自分に合っているのか迷ってしまうことも。そこで今回は初めてのヨギボーにおすすめの商品を紹介します。

ヨギボーのビーズクッションはどんな特徴があるの?

ヨギボーの特徴として一番にあげられるのは、なんといってもその座り心地の良さにあります。人をダメにするソファの異名も伊達じゃありません。また、カラーバリエーションも17色あるため、お部屋に合わせたコーディネートが可能となっています。さらに自立可能かつ最大でも8キロという重さのため、室内で邪魔にならないことも大きな魅力になりますね。

ヨギボーのビーズクッションでおすすめの商品は?

ヨギボーマックス(ソファにもベッドにも)

ヨギボーマックスは長さが170cmあり、ビーズソファの中でも大型です。ひとりの時にはベッドやリクライニングとして使うことはもちろん、2、3人でも腰かけることのできるソファとして使うこともできます。特にリビングなどで家族と一緒に使いたい方におすすめです。ヨギボーマックスがひとつあればさまざまな用途で使うことができます。その機能性の高さと、存在感のあるビジュアルのわりに移動が楽で掃除がしやすいことからも人気があることがうかがえますね。

ヨギボーミディ(ひとりがけのチェアやラブソファに)

ヨギボーミディの長さは125cm。ひとり用のチェアやラブソファとして使えるサイズです。自立することができるので、使用しないときは立ててしまえば場所も取りません。置くスペースを考えてソファなどの購入を躊躇してしまっているようなカップルや、一人暮らしの方、子ども部屋にもおすすめです。ビーズクッションなのに背もたれもしっかりできるので、リクライニングとして使用したときの快適さは言うまでもありません。大きすぎず部屋に気軽に置くことができ、小さすぎないため十分な機能性も備えていると言えるでしょう。

ヨギボーポッド(ボリューム&コンパクト)

読書やゲーム、リラックスにぴったりのパーソナルソファとしてヨギボーパッドは最適です。長さは122cmながら、中に詰まっているビーズの重さは7.6kg。小さいながらもビーズ量が多くなっているため、ヨギボーの各サイズの中でも一番座り心地がよく感じるかもしれません。独特の包み込まれるような感触にハマってしまう方も多いそうです。さらにヨギボーパッドには、ヨギボー唯一の持ち手がついています。移動しやすいこともメリットですね。

まとめ

今回は独特の包まれる感触がクセになるヨギボーのビーズクッションをご紹介しました。サイズもカラーも豊富なバリエーションは、ヨギボーならでは。お部屋や好みに合わせて選べるのは嬉しいですね。お部屋の色合いになじませることも、アクセントにすることもできてしまいます。ネットショップでも購入できるので、気になるアイテムがあった方はぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です